福岡県でデザインパンフレットのことならお任せ!地域密着型サポートに自信あり!日広株式会社
電話番号092-573-7011、営業時間は8:30〜19:30までとなっております(土・日・祝休み)
Design & Production  of the Menu
カテゴリー

2018.10.29

(月)

ひろみみ

ビジネス


テレビをデジタルサイネージに使える?

デジタルサイネージを検討される場合によく「テレビがあまっているので、それを使えないの?」という質問をよく受けます。

 

 

デジタルサイネージ用に使われる業務用ディスプレイとテレビを比べると同じようなものなのに価格は全く違い、業務用ディスプレイは高価になります。

実際にパソコンとテレビをHDMIでつなぐとパソコンの画面をテレビ画面に映し出すことが、配線一本で可能なため運用されているケースもあります。

 

しかし、サイネージ用ディスプレイとテレビの違いはやはり耐久性・耐候性です。

 

長時間に渡り電源を入れたままで運用されることが多く、長時間の連続可動を想定して作られています。「電源の自動ON・OFF」の機能など運用面でも手間がかからないようになっているのも業務用特有の仕様です。
また、不特定多数が行き交う場所に設置するため、倒れにくい形状や重さに設計されている機種や屋外でも使用可能な機種もあります。

明るさに関しても選択できる種類が豊富で、一般のテレビでは日光でよく見えないような場所でもしっかりとコンテンツを目に届けることができます。

デジタルサイネージを導入したのに見えづらいのでは効果は半減してしまいます。

 

このため長期間安定して使用するために、デジタルサイネージ用途に耐え得るディスプレイを利用することをお勧めしています。

 

 

基本的に情報を発信する「プッシュ型メディア」ですが、映像を単に放映するだけでなく、タッチパネル対応モデルを用いて知りたい情報を検索できる「プル型メディア」としての運用も可能です。

 

もうひとつデジタルサイネージを導入するのに重要なのは、コンテンツです。立派な機種でも何を伝えたいのか分からないコンテンツやデザイン性の低いコンテンツを配信してしまうと逆効果になることもあります。

 

「福岡パンフレット制作.com」では、

機種の選定から、コンテンツの企画・制作まで多くの実績があります。

サイネージ導入をお考えの方はお気軽にご相談ください。

 

【運営会社】日広株式会社 福岡支店

TEL.092-573-7011

E-mail:info@fukuoka-pamphlet-seisaku.com

お見積もり大歓迎!お問い合わせはこちら
フクオカマンガドットコム
福岡キャラクタードットコム
外国語反訳パンフ制作
新卒採用戦略
コンペ参加します
特集メニュー
専門用語まるわかり

複雑な広告用語や印刷用語などをスタッフが楽しく分かりやすく紹介しています。

ついつい始めちゃいました福岡パンフレットブログ
広告・販促情報満載!!NikkoMagazine!メルマガ始めました
メールマガジンのバックナンバーはこちら
パワーポイントテンプレート無料配布中!
よくあるご質問