福岡県でデザインパンフレットのことならお任せ!地域密着型サポートに自信あり!日広株式会社
電話番号092-573-7011、営業時間は8:30〜19:30までとなっております(土・日・祝休み)
Design & Production  of the Menu
カテゴリー

2019.03.20

(水)

ミルフィ

クリエイティブ


反射素材の撮影法

ある程度経験のあるカメラマンでも、ガラス、宝石、メタルなどの反射する物の撮影は簡単ではありません。
これらの写真撮影をマスターするには、形状を理解し、ライトをコントロールして、反射させないようにする必要があります。そこで今回は反射商品の撮影に対して、いくつかのコツをご紹介させていただきます。

 

 

ガラス素材の撮影法:
ガラス製品を撮影する方法の一つとして、「バックライト(被写体の後ろから光をあてること)」とテクニックが非常にシンプルなやり方があります。
この方法で、透明度を上手く利用してガラス製品を美しく見せることが出来ます。
まず、最初にソフトなディフューズライトを、被写体の後ろに置きます。ラインと輪郭を強調させるには、被写体の両サイドに黒いボードを配置します。

 

 

 

 

 

「バックライト」テクニックで、被写体を適正露出で撮影するには、背景を露出過多(光の量を多めにし、画面全体が白っぽくなるよう)にする必要があります。

 

 

 

 

 

時計やサングラスの撮影法:
時計や、サングラスなどのガラス部分が反射する製品には、横からライトを当てることが適しています。まず、被写体を大きくきれいなところに配置します。例えば、吊るした所から、カメラ位置までカバーできる白いロール紙などの上です。表面の明るさが、被写体に反射して前方の反射を取り除くことが出来ます。ソフトなライトを片側から当て、反対側に反射板を置いて、ライトのバランスを取ります。
三脚を使うことで、絞りf/11とISO値100で、シャープな画像を撮影できます。高い位置から、カメラに角度をつけて、被写体を上から撮影することもおススメです。ライトの方向を傾けながらで色々試してみてください。でも正面からライトを当てると、反射してしまうので注意が必要です。

 

 

 

 

 

メタル素材の撮影法:
メタル素材の撮影は、周りにあるもの全てを反射するので、かなり難易度があがります。反射を最小にするために、「2ライト」セットアップを使います。先ほど述べたように、大きく、きれいな表面の上に被写体を配置します。
2つの大きなスタジオ用ディフューズライトを、被写体の両側に配置します。被写体が柔らかく出来ているかを確認して下さい。バックライトテクニックで説明したように、綺麗に輪郭を出すには、色の暗いボードを利用します。
三脚を使って、被写体より少し上から撮影します。ストロボ撮影が、メタル製品の撮影にはより適しています。
撮影時に指紋やホコリも映り込んでしますので拭いておくことを忘れないようにします。

 

 

 

 

 

反射する物の撮影の基礎をお分かりいただけたましたか。

この他にもいろいろ試してみて、独自の照明方法を見つけてみて下さい。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

広告・販促のご相談承ります。お気軽にお問い合わせ下さい

日広株式会社福岡支店
〒811-1321 福岡県福岡市南区柳瀬2-15-20
TEL 092-573-7011
E-mail  info@fukuoka-pamphlet-seisaku.com

福岡県でデザインパンフレットのことならお任せ!
【福岡パンフレット制作.com】
URL http://fukuoka-pamphlet-seisaku.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お見積もり大歓迎!お問い合わせはこちら
フクオカマンガドットコム
福岡キャラクタードットコム
外国語反訳パンフ制作
新卒採用戦略
コンペ参加します
特集メニュー
専門用語まるわかり

複雑な広告用語や印刷用語などをスタッフが楽しく分かりやすく紹介しています。

ついつい始めちゃいました福岡パンフレットブログ
広告・販促情報満載!!NikkoMagazine!メルマガ始めました
メールマガジンのバックナンバーはこちら
パワーポイントテンプレート無料配布中!
よくあるご質問