福岡県でデザインパンフレットのことならお任せ!地域密着型サポートに自信あり!日広株式会社
電話番号092-573-7011、営業時間は8:30〜19:30までとなっております(土・日・祝休み)
Design & Production  of the Menu
カテゴリー

2019.03.15

(金)

PONPON

趣味


おっさんの山 その3 難所ヶ滝氷爆

私のLineがその知らせを届けたのは1月17日の事でした。

 

「難所ヶ滝の氷爆に行かない?」

 

そのメッセージに私は答えました。

 

「ああ、鬼塚英吉と弾間龍二」

「それは鬼爆」
「ああ、伸也の弟」

「それ答えないとダメ?」

 

という、大人のLineメッセージを
交わしながら、初氷爆登山となったのでした。

 

場所は宇美町という、割と近い場所です
正式名称(?)は河原谷の大つらら(ごうらだにのおおつらら)
難所ヶ滝というの通称だそうです

 

1月27日
一本松公園を午前8時にスタート
この日は最強寒波の影響で寒さが骨までしみるほどでした
スタート地点は一面雪化粧
ここ数年こういう景色は見たことがありませんでした。

 

朝も早い時間にもかかわらず、氷爆目当ての登山者も多く
こちらもビックリしました。

 

ちなみに冬山登山は初挑戦の私、最初にネットで下調べを
しておいた時に「アイゼン」が必要ですとの文字を発見していました。
しかし、私は「まぁ、ヒマラヤとかじゃいから大丈夫でしょ」
と甘い考えで今回の登山に望んでいたのですが、これが
下山時の悲劇を生むとは思いもしませんでした。

 

ちなみに難所ヶ滝は標高724mの場所にあるということで
約90分の登山の予定でした、ゴールに近くなればなるほど
斜度があがり、最後はロープを掴んで登るといった感じの
場所がチラホラ、しかも足場は雪という今までに体験の
したことない状況での登山でした。
まさしく「難所」という名前は伊達ではなかったです。

 

ようやく苦労して見えた先に、目的の大つららが現れました。

 

他の登山者の方によると、今年は暖冬が続き、それで程の
出来ではないとのこと。
それでも氷爆初体験の私には十分な光景でした。

 

15分ほどその場所で写真撮影などを行い、いざ下山と
なったとき、あの急な上りを今度は降らなければならない
もちろん足場は雪、私の脳裏に「アイゼン」という言葉が
よぎったのは当然のことです。

 

なんとか這いずり回りながら、滑りそうな道をノロノロと
下山してきました。そんな私を他の登山者の方は
「大丈夫ですよー、怪我しないように降りてくださいねー」
という暖かな言葉。
山って人を優しくさせる何かがあります。

 

麓近くになると、温度もあがり雪も溶けたので
へっぴり腰にならずに歩くことが出来ました。

 

無事に駐車場についた後は、恒例の温泉で体を温め
帰宅したのでした。

 

今年はじめての登山はこのような顛末となりました。
やはり冬山にはアイゼンは必要です。
次回は己を過信せず、万全の装備で望みたいと思います。

お見積もり大歓迎!お問い合わせはこちら
フクオカマンガドットコム
福岡キャラクタードットコム
外国語反訳パンフ制作
新卒採用戦略
コンペ参加します
特集メニュー
専門用語まるわかり

複雑な広告用語や印刷用語などをスタッフが楽しく分かりやすく紹介しています。

ついつい始めちゃいました福岡パンフレットブログ
広告・販促情報満載!!NikkoMagazine!メルマガ始めました
メールマガジンのバックナンバーはこちら
パワーポイントテンプレート無料配布中!
よくあるご質問