福岡県でデザインパンフレットのことならお任せ!地域密着型サポートに自信あり!日広株式会社
電話番号092-573-7011、営業時間は8:30〜19:30までとなっております(土・日・祝休み)
Design & Production  of the Menu
カテゴリー

2019.04.26

(金)

なっちゃん

趣味


今日もレトルトカレーが旨い

こんにちは。

 

 

 

 

最近はめっきりあたたかくなってきて、心地良い毎日ですね。

 

こう暖かいと、ついつい増してしまうのが食欲です 😉

 

 

米、納豆、茶碗蒸しの3本柱で成立している

 

と言われたわたくしですが・・・

 

米によく合うおかずは数多あれど、

 

 

 

 

やはり

 

 

 

 

 

 

 

カレーは外せませんよね!!! 😎  😎  😎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、私がいつもお世話になっている

 

「レトルトカレー」

 

 

について調べてみました。

 

 


 

 

〜レトルトカレーとは??〜

 

レトルトカレーは、3〜5分ほど湯煎するか、数分ほど電子レンジで温めて調理するだけで、一食分のカレーライスを作って食べることができる、便利な商品である。

そのため、現在日本では子供から老人まで、幅広い層に日常的に利用されるに至っている。

 

レトルト食品には様々な種類があるが、レトルトカレーはその販売量の三分の一を占める人気商品である。

カレーは味・臭いが濃いため、レトルト食品特有の「レトルト臭」が感じにくく、レトルト食品に適しているためであると考えられている。

 

ボンカレーやククレカレーなど、定番として30年、40年と売れ続けている商品もあるが、ほとんどの商品の寿命は短い。

そのため各社は、レシピや宣伝に工夫をこらし、常に新たな商品の開発を続けている。

 


〜レトルトカレーの価格帯〜

 

価格帯は、約100円から約1000円くらいまでと幅広い。

よく売れているのは200円以下の商品であるが、各社がたえず新製品を投入してしのぎを削っているのは、

200円から400円程度の商品である。100円以下のプライベートブランドの商品も、次々に発売されている。

 

400円以上の商品は、ホテル・レストランなどのブランド商品や、凝った内容のメーカーオリジナル商品などが多い。

ごく少数ではあるが、厳選した食材を利用している、1000円以上の商品もある。

 

基本的にコスト面から、価格の安い商品にはあまり肉・野菜などの大きな具が入らず、

価格が高くなるにつれて具が大きく豪華になる傾向にある。

 


〜レトルトカレーの歴史〜

 

レトルトパウチ食品は、もともとアメリカ陸軍の補給部隊研究開発局により開発された。

缶詰の重さや、空缶処理の問題を改善するのが狙いで、缶詰にかわる軍用携帯食として開発したのが始まりである。

その後、NASAのアポロ計画において「宇宙食」として採用されたことから、多くの食品メーカーに注目される。

1968年2月、大塚食品が世界初の市販レトルト食品『ボンカレー』を阪神地区で限定発売した。

関連会社の大塚製薬が持っていた点滴液の加圧加熱の殺菌技術を応用することで、他社に先駆けて開発に成功したといわれている。

しかし当初は半透明パウチを使っていたため、賞味期限が数ヶ月と短かった。

その後、パウチ素材にアルミ箔を使うことで賞味期限を大幅に延ばした新パウチを開発し、1969年5月から全国発売を始めた。

はじめはなかなか消費者に受け入れられなかったが、しだいに浸透し、1973年に放送されたテレビコマーシャルの

「3分間待つのだぞ」という笑福亭仁鶴によるセリフは流行語にもなった。

 

1985年にエスビー食品から、幼児向けの甘口カレーとして人気を得ていた即席カレールーの『カレーの王子さま』のレトルト版が発売された。

さらに1986年には江崎グリコから「激辛好きの大人」をターゲットにした『LEE』が発売され、それぞれ成功をおさめた。

これらは特定の年代・嗜好のユーザーにターゲットを絞って成功した商品の例である。

幼児向けカレーの分野では、「それいけ!アンパンマン」や「ポケットモンスター」、「妖怪ウォッチ」などの人気アニメとタイアップした商品も次々に販売されている。

他にも「ご当地カレー」など、さまざまな種類のレトルトカレーが発売されている。

 

 

 

ちなみに、カレーはお米に限らず、

ナンで食べるのも美味しいですよ 😎

よく温めたナンに銀座カリーのキーマを付けて食べるのが

お気に入りです。

 

 

お見積もり大歓迎!お問い合わせはこちら
フクオカマンガドットコム
福岡キャラクタードットコム
外国語反訳パンフ制作
新卒採用戦略
コンペ参加します
特集メニュー
専門用語まるわかり

複雑な広告用語や印刷用語などをスタッフが楽しく分かりやすく紹介しています。

ついつい始めちゃいました福岡パンフレットブログ
広告・販促情報満載!!NikkoMagazine!メルマガ始めました
メールマガジンのバックナンバーはこちら
パワーポイントテンプレート無料配布中!
よくあるご質問