福岡県でデザインパンフレットのことならお任せ!地域密着型サポートに自信あり!日広株式会社
電話番号092-573-7011、営業時間は8:30〜19:30までとなっております(土・日・祝休み)
Design & Production  of the Menu
カテゴリー

2017.02.06

(月)

mochida

おもしろ


アメリカのAmazonへ返品

こんにちは
前回のブログにて記事にしましたが、
USAのAmazonにて注文した品が間違っていたので
返品の手続きを行いました。


その備忘録を今月のブログ記事にしたいと思います。

(カッコ内は素人訳なので間違ってる部分はご指摘ください(*’▽’))

 
まず、まず、返品の申請をするために

USAのAmazonにログインします。
Amazonのトップページの右上にあるメニューから
Orders(注文履歴)へ行きます。

 

 

過去の注文履歴から返品したい品の
コマンドリストから
Return item(返品)を選びます。

 

 

Why are you returning this? と
返品理由を聞いてきますので、
その下のプルダウンメニューより
返品理由を選びます。

 

 

今回は、間違った商品が届いているので
Wrong item was sentを選びました。

 

 

その後のCommentsの空欄に
返品の理由を書く必要があるのですが、
もちろん英語で書かなくてはいけません。

 

 

私の英語レベルは中学生以下なので悩みましたが、
とりあえず箇条書きみたいに簡単に書いておけば
なんとなくわかってもらえるかと思います。

 
I ordered 「for ZTE Axon 7」
But, it received the 「for OnePlus3」.

 
(ワタシ「ZTE Axon 7用」タノンダ
デモ「OnePlus3用」キタ。)

 
こんな感じでわかってもらえるでしょうか(^_^;)?
ちょっと心配ですが、これで行きます。

 

 

 
この後、How can we resolve it? と返金方法を聞かれます。

今後もAmazonを利用するなら「Amazon gift card」でも

良いのですが、今回は返金を選びました。

 

 

次へ進むと確認ページが表示されますので

内容を確認したらsubmitからの申請をします。

 

(下の方に送り返す期日が書かれていますので確認しておきます。)
※返品や交換の申請は30日以内に行う必要があるようです。

 
申請後、10数分でAmazonから
返品についてのメールが届きました。

 
そのメール内にあるリンクから発送用ラベルの
作成ページに飛ぶことが出来ます。

 
ジャンプしたページには返送に必要なラベルが
4つ作成されていましたので
それをプリントします。

 
ページの上の方に「Print label& Instructions」
というコマンドが有りますので、
そこからプリント出力の設定画面に遷移します。

 
ただ、私の家のプリンターは壊れているので
プリンターではなくPDF出力に設定してPDFファイルを作り
USBメモリに入れてセブンイレブンのコピー機でプリントしました。

普通紙プリントを選んで…、

 

USBメモリーを選んで…、

 

 

 

メディアを入れて、ファイルを選びプリント。
プリントアウトした枚数は3枚です。

 
この中に下記のラベルが記載されています。

 
①Commercial Invoice
②Commercial Invoice
③Return Mailing Label
④Return Authorization Slip

 
ラベル①と②の内容はまったく同じでした。
それぞれに説明が書かれています。

 
①Commercial Invoiceには
affix this to the outside of your return pkackage.
(返品する箱の外側に貼れ)

 

 

②のCommercial Invoiceには
Give this invoice to the carrier you select to ship your return package.
The invoice is required for customs.
The carrier will not be able to return your package to Amazon without it.

 

 

 

(貴方の使う運送会社にこの運送状を渡せ。
この運送状は通関に必要。
運送会社がAmazonに届けられない。)

 

 

 

③Return Mailing Labelには
Cut this label and affix
to the outside of the return package
(切って返品する箱の外側に貼れ)

 

 

 

 

 

④Return Authorization Slipには
Place this barcode and item description inside your return package
(in case your mailing label gets damaged).

(バーコードと商品の解説を箱の中に入れろ
送り状がダメージを受けた場合に備えて)

 

 

 

 

一応、必要書類が揃いましたが
自筆で記入をしなければならない部分があります。
ラベル①には、

 

A…careerの部分に運送会社の名前。
今回はEMSで送るのでEMSと記載しました。
B…Carrier Tracking Numberは荷物の追跡番号。

後で郵便局で送り状を貰ってから記入します。
C…Shipper Signatureは自分の名前の署名

D…発送した日付。

2月4日に発送したので、Feb 4,2017と記入しました。

 

 

ラベル②も①とまったく同じ内容で記入。

 

 

ラベル③には…
E…FROMと書かれている部分に
自分の名前と住所を英語で記入。

 

 

ラベル④には記入する部分が無いので
そのまま箱の中へ封入。


これでようやく用意が整ったので
郵便局へ持ち込んでEMSにて出荷します。

 
EMSは専用の送り状が必要ですので郵便局で貰います。
こちらにも英語にて送り主、送り先の記入が必要です。

 

また、ラベル②を外箱に貼るための透明袋も郵便局で貰います。

 
ラベル①、②のCarrier Tracking Number部分に
EMSのお問合わせ番号を忘れずに記入します。

送り状の右上にある「JP」が最後に来る13ケタの番号です。

 

 

ラベル①と③は外箱に貼れと書いてありましたので

まず、ラベル③を「のり」で外箱に貼り付けました。

そうすると、ラベル①を張り付ける場所がなくなってしまったので

仕方なくラベル①は②と一緒に

透明袋に入れて外箱に貼り付けました。

多分大丈夫でしょ…(^_^;)

 

 

 

EMSの送り状の書き方ですが、先程も書いたように
英語にて送り主、送り先の記入が必要です。
送り主はAmazonに登録した自分の名前と登録住所を記入します。
ラベル①に記載されているものをそのまま記入して良いと思います。

 

 

送り先もラベル①に記載されているものを記入します。

Nameには…
Returns Department Amazon Fulfillment Services

 

 

 

 

 

Addressには…
172 Trade Street
Lexington KY

 

 

 

 

 

都市名Cityには…、上とダブりますが
Lexington
と記入しました。

 

 

 

 

 

郵便番号には…
40511

 

 

 

 

 

電話番号やFAX番号はわからなかったので
記入しませんでした。
…多分いいでしょ。

 

 

 

 

 

内容品の詳細な記載には…
smartphone case
重量は…
テキトーに150と記入。
内容品の価格には…
こちらもテキトーに2000円と記入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

発送金額は2,000円でしたが、とりあえず自分で支払います。

今回はAmazonの不手際ですので、
後ほど請求して送料も返金して貰えるはずです。

 

 

 

 

 

 

一応、Amazonに出荷と送料のメールを送っておきます。
ただ、メールの送り先を見つけるのに苦労したので
これも記載しておきます。

 

 

 

 

 

Amazonのトップメニューの中からhelpをクリックします。

 

 
Browse Help Topicsのリストの一番下にある
Need More Help? にカーソルを合わせると
ヨコのメニューの中に Contact Us が現れますのでそれをクリック。

 

 

 

 

 

購入履歴の様なページに飛びますので
1 What can we help you with?
(どの品の助けが欲しい?)
と尋ねられますので、リストの中から
今回問題になっている品にチェックを付けます。

 

 

下にスクロールすると
2 Tell us more about your issue
(問題を詳しく教えて)とあります。
そこの
Select an issue (問題を選べ)には
Return and refunds(返品と払い戻し)を選び、

 

 

 

 

Select issue details
(問題の詳細を選べ)には
How to return an item
(返品の仕方)を選びました。
すると下に
3 How would you like to contact us?
(どうやって連絡をとりたい?)と聞いてきますので
E-mailを選びます。


E-mail Amazon.com Customer Serviceへジャンプします。

 

 

 

 

 

Enter additional information: の欄に
下記の様なメッセージを記入しました。

 

 

 

 

 

-------------
Hello
I have sent the Wrong item by EMS.
(誤品をEMSで発送しました。)
EMS Tracking Number
(EMSお問い合わせ番号)
●●●●●●●●●●●JP
https://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery/index_en.html

(↑ 英語版のEMS問い合わせサイトのURLです。)
shipping cost
(送料)
2000yen in Japanese yen
(2000円 日本円)
http://www.post.japanpost.jp/int/charge/list/ems_all_en.html
(↑ 英語版のEMS送料サイトのURLです。)
Could you refund my return packaging postage to my credit card?
(返送にかかった送料を私のクレジットカードに払い戻して貰えますか?)

 

 

 

 

 

Regards,
●●●
↑自分の名前
-------------

 

 

 

 

 

 

ちなみに、12月29日に返品の申請を行った際に
Feb 10,2017までに到着させろとの記載がありましたが
今回の発送日は2月4日です。
残り6日…。
希望を乗せた国際EMSは
果たして間に合うのでしょうかΣ(・∀・;)?

 

 

追記

 

だいたい4日で先方へ到着し、

返金対応をして貰うことが出来ました。

ただ、関税関連の300円ほどは損金となってしまいましたが…。

まあ、個人輸入ではこの程度のリスクは織り込まないと

いけないかもしれませんね。

 

 

お見積もり大歓迎!お問い合わせはこちら
フクオカマンガドットコム
福岡キャラクタードットコム
外国語反訳パンフ制作
新卒採用戦略
コンペ参加します
特集メニュー
専門用語まるわかり

複雑な広告用語や印刷用語などをスタッフが楽しく分かりやすく紹介しています。

ついつい始めちゃいました福岡パンフレットブログ
広告・販促情報満載!!NikkoMagazine!メルマガ始めました
メールマガジンのバックナンバーはこちら
パワーポイントテンプレート無料配布中!
よくあるご質問