福岡県でデザインパンフレットのことならお任せ!地域密着型サポートに自信あり!日広株式会社
電話番号092-573-7011、営業時間は8:30〜19:30までとなっております(土・日・祝休み)
Design & Production  of the Menu
カテゴリー

2019.01.30

(水)

ひろみみ

クリエイティブ


フォントの選び方

フォント選びで重要なのは、伝えたいイメージが伝えたい人に与える印象に合致しているかどうかです。
デザイナーのみならず一般の方もパソコンを使ってチラシやリーフレットなどを作成刷る際に参考にしてください。
それぞれのフォントには印象があります。これを知っておきましょう。

明朝体

明朝体は横線が細く縦線が太いという特長があり、毛筆のタッチも取り入れられています。
与える印象は「信頼感」「高級感」「優雅」「上品」「繊細」「女性的」などです。逆に堅苦しいイメージもあります。

 

ゴシック体

ゴシック体は、縦線、横線とも太さに違いがないのが特徴です。
「力強い」「面白い」「楽しい」「親近感がある」「目立つ」「男性的」なイメージです。
視認性に優れ、目に入りやすい特長もあります。極細のゴシック体は現在の流行りでもあります。

 

丸ゴシック体

ゴシック体を全体に丸っこくアレンジしたのが丸ゴシック体です。縦横の太さは均等ですが、画の先端や角が丸くなっています。与える印象は「ポップ」「子供っぽい」「ソフト」「ワクワクする」などです。

 

行書体・楷書体

毛質のタッチを取りれられた書体です。
与える印象は「伝統的」「古めかしい」です。

 

その他注意点

手書きのフリーフォントなどデザイン性の高いフォントも多く出回っています。しかし、全体的に使用してしまうと読みづらくなってしまいます。ポイントで使用することをおすすめします。

 


また縦書きの長文は明朝体、ビジュアル重視のポスターのキャッチコッピーはゴシック体を使用するといった一定のセオリーもあります。あえて外すといった選択肢もありますが、考えなく使用してしまうとパッとしないデザインになってしまいます。
それぞれの書体の印象を考えながらデザインしてみましょう。

お見積もり大歓迎!お問い合わせはこちら
フクオカマンガドットコム
福岡キャラクタードットコム
外国語反訳パンフ制作
新卒採用戦略
コンペ参加します
特集メニュー
専門用語まるわかり

複雑な広告用語や印刷用語などをスタッフが楽しく分かりやすく紹介しています。

ついつい始めちゃいました福岡パンフレットブログ
広告・販促情報満載!!NikkoMagazine!メルマガ始めました
メールマガジンのバックナンバーはこちら
パワーポイントテンプレート無料配布中!
よくあるご質問