福岡県でデザインパンフレットのことならお任せ!地域密着型サポートに自信あり!日広株式会社
電話番号092-573-7011、営業時間は8:30〜19:30までとなっております(土・日・祝休み)
Design & Production  of the Menu
カテゴリー

2018.11.30

(金)

ひろみみ

クリエイティブ


知らないと損するIllustratorCCの新機能

Adobe Illustrator ver.3.0から使用している私としては、Illustratorはどんどん進化して使いやすくなっています。初期から比べると夢のようです。機能が増えすぎて重くなっている事は否めませんが…

 

その中でもIllustrator CC以降のテキストの扱いで特に便利と感じた機能をご紹介します。それは「ポイント文字/エリア内文字の切り替え」と「エリア内文字の自動調整」です。

「ポイント文字」「エリア内文字」とは?という方もいらっしゃると思います。「ポイント文字」は、過去には「テキストオブジェクト」と呼ばれていました。[文字ツール]でクリックして入力するテキストのことです。

「エリア内文字」は、[文字ツール]でドラッグして入力するテキストです。過去には「テキストボックス」と呼ばれていました。

 

ポイント文字とエリア内文字の使用用途として、

大きく分類すると「ポイント文字」は見出し、「エリア内文字」は文章といったところです。

 

CC以前は「ポイント文字/エリア内文字の切り替え」は、ポイント文字をコピーし、四角の図形を作成し、そこにコピーした文字をペーストするという作業が必要でした。

 

ポイント文字/エリア内文字の切り替え方法

【切り替え方法1】

ポイント文字を選択して[書式]メニュー→[エリア文字に切り替え]を

クリック。

 

【切り替え方法2】

ドキュメント上のテキストの右側に表示されるウィジェットを

ダブルクリック。

テキストエリアを調整すると

 

注意しなければならないのは、エリア内文字を変換する場合。エリアから文字がオーバーフローしているとき、右下に赤い[+]が表示されます。

ドキュメント上のテキストの下に表示されるウィジェットをダブルクリックすると、文字の量に応じてエリア内文字の高さが自動的に伸縮するようになります。追加で文字を入力してもボックスの下部が伸びてテキストエリアを広げてくれます。

 

この新機能は、IllustratorでWEBデザインなどをする際にかなり重宝しています。

一度お試しあれ。

お見積もり大歓迎!お問い合わせはこちら
フクオカマンガドットコム
福岡キャラクタードットコム
外国語反訳パンフ制作
新卒採用戦略
コンペ参加します
特集メニュー
専門用語まるわかり

複雑な広告用語や印刷用語などをスタッフが楽しく分かりやすく紹介しています。

ついつい始めちゃいました福岡パンフレットブログ
広告・販促情報満載!!NikkoMagazine!メルマガ始めました
メールマガジンのバックナンバーはこちら
パワーポイントテンプレート無料配布中!
よくあるご質問